ホイールのタイプごとの見た目と選び方|製造方法による強度の違い

タイヤの選び方

タイヤ

車の燃費を決めるのはエンジンなどの性能だけではありません。タイヤも燃費に大きく影響してきます。最近では、そういったタイヤでのエコ活動が取り組まれており、転がり抵抗を減らして燃費の向上を図っています。タイヤは消耗品であるため、定期的な変更が必要となりますが、その消耗具合はタイヤのゴムの硬さなどでも変わるのです。特に長距離ドライブで車を利用することが多ければ多いほど、その違いは顕著に現れます。また、タイヤに寿命があります。一般的に3年から4年が交換時期とされていて、それ以上すぎるとタイヤにひび割れが入り、その部分からタイヤがバーストしてしまうことだってあるのです。そのようなヒビ割れがなくても、長年乗っているとタイヤが潰れてきてそれが抵抗となって燃費が悪くなってしまうこともあります。そのため、安全且つ燃費よく車に乗り続けるためには定期的にタイヤ交換をすることが必要です。

タイヤを選ぶ場合は、インチや、横幅、扁平率などを見て決めます。インチと横幅はホイールに合わせて決めることが必要です。横幅が大きくなればなるほど車はスリップしにくくなります。また、扁平率が大きければ大きいほど衝撃吸収してくれるようになります。このようにタイヤ1つで燃費や乗り心地にも影響してくるので、タイヤ選びは慎重に行なうようにしましょう。タイヤ購入をしたその店舗で交換してもらえば廃棄料が不要な場合もあるので、依頼前に確認してみましょう。