ホイールのタイプごとの見た目と選び方|製造方法による強度の違い

氷上走行の危険さ

タイヤ

雪道走行に欠かせないスタッドレスタイヤは、通常のタイヤと異なり少し高めの料金設定となっています。その理由としては、特殊なゴムを使用しており氷点下の温度でも硬化しないようになっています。ゴムは本来冷えると硬化してグリップ力を失いますが、スタッドレスタイヤの場合は特殊ゴムのおかげでグリップ力を損なわずに走行し続けることができるようになっています。スタッドレスタイヤを購入する場合は、時期を見て購入することで安く手に入れることができます。得に夏場の終わり辺りになると、以前の売れ残りなどが安く販売されていることもあるのでその時が狙い目です。
しかし、スタッドレスタイヤは雪道を走るためのタイヤとして作られているので、通常の道路を走ってしまうと摩耗が激しくてすぐになくなってしまうので注意しましょう。

氷点下付近の温度になる地方の場合、雪などの天候で最も怖いのは降り積もった雪の上ではなくブラックアイスバーンの状態です。ブラックアイスバーンは単純に道路が濡れているだけのように見えるものの、実際には薄い氷の膜が貼っていて、それに気付かずいつも通り走ってしまうと、止まりきれずに玉突き事故など大事故に繋がってしまうこともあります。天候が悪い場合はできるだけ外出を避け、雪解け時期を待つようにしましょう。どうしても車を出す場合には、スタッドレスタイヤを装着した上で、タイヤチェーンなども常備しておきましょう。また、何かしらの理由によって走行できなくなった場合の万が一の場合でも大丈夫なように何かしらの対策を取ったうえで出かけるようにしましょう。