ホイールのタイプごとの見た目と選び方|製造方法による強度の違い

製造方法で変わる強度

ホイール

ホイールはインチによって見た目は大きく変わります。改造車ではフェンダーアーチに合わせたサイズを選ぶことがほとんどですが、人によっては更に大きなものを履かせている改造車などもあります。また、インチが大きくなればなるほどタイヤも同様に高額になっていくのです。高いものでは1本だけで1万円から2万円ほどの高額なものになってきます。ホイールは種類によって重量や強度に大きな違いがあります。型に流し込んで作る鋳造タイプのものは量産性に優れているので値段としては比較的安く購入することができるのが特徴的です。鍛造タイプのものであれば、高圧プレスによって成形されるもので比較的軽量なホイールになるのが特徴的です。そういったホイールは競技用のホイールとして販売されていることがほとんどです。

ホイールは、ディッシュタイプやメッシュタイプ、スポークタイプなどでも見た目は大きく変わります。ディッシュタイプなどはVIPカーというジャンルの車に履かせていることが多く、ホイールの穴が小さくほとんどディスク面で覆われているのが特徴です。一方メッシュタイプのものはそれの逆で文字通りメッシュのように無数の穴が空いています。言い換えれば、スポークタイプのものが細かなタイプになったようなものです。少しグレードの高い高級車などが履いていることが多いタイプです。スポークタイプは見た目がシンプルなものが多く、主にスポーツカーに履かせていることがほとんどです。ホイールのブランドによって同じタイプでも見た目に違いがあるので、好みのホイールを探すのであればそれぞれのタイプの特徴を理解して、愛車に似合うホイール探しをするとよいでしょう。

生産国による安全性の違い

車のおもちゃ

タイヤ交換をする場合は、予め購入をしておいて持ち込みで交換することもできれば、その場で購入して交換を依頼することもできます。どちらの値段が安いかは場所によっても異なるので、購入前に比較して決めるとよいでしょう。

詳しく見る

氷上走行の危険さ

タイヤ

スタッドレスタイヤは雪などが降る一部の地方での利用ですが、その需要は高く、冬になるとその力を最大限に発揮してくれます。しかし、スタッドレスタイヤを履いていても雪道走行は危険なため、安全な速度で走るようにしましょう。

詳しく見る

タイヤの選び方

タイヤ

タイヤは豊富な種類があり、選ぶ種類によって燃費が変わったりグリップ力が高まって安全性が向上することもあります。それぞれのタイヤの特徴を理解して適切なものを選びましょう。

詳しく見る